女性は40歳代が分かれ道?美と健康に、セラミド・乳酸菌・冷えとり・絹・足に注目!他には、手作りコスメやお取り寄せ等気になる事を発信しています!

贈答

贈答イメージ

贈る

感謝の気持ちやいたわりの気持ちを伝えるもの。
贈り物は、独りよがりではなく相手を考えて。

目上の人に、現金や金券はいけません。

年齢や、家族構成などを考え目的にふさわしく喜ばれる贈り物を。

また、「つまらない物ですが・・・」とついつい言いがちですが、「美味しいお菓子をみつけて、どうしても召し上がっていただきたくて」等、心を込めた贈り物であることを伝えられるとおしゃれですね。

現金を贈る場合は、慶事か弔事かで異なるので、注意。
どちらの場合でも、金包みは袱紗に包んで持参します。
袱紗は、慶弔どちらでも使える紫色が良いでしょう。

 

受け取る

贈った側は、無事に届いたか、気に入っていただけたか気になるものです。
いただいたら、お返しを考えるよりまず、お礼を述べましょう。
親しい人なら電話で、目上の人なら手紙で。

社会的な立場で受け取れない贈り物の場合は、丁寧にはっきりとお断りするのも、受け取る側のマナー。
(政治家・公務員・公の立場にある人は賄賂とみなされる場合あり。学校の先生等も遠慮する場合が多い)

お祝い事のお返しは半返し。

目下の人には、全額返しが目安。
弔事は半返しか3分の1が目安。

 

贈り物と数

日本では、奇数を良い数とされていて、めでたい出来事には奇数の品、金額を贈る習慣があります。
一方、偶数は縁起が悪いとされています。

また、八は末広がりで良い。
四、九は死や苦に通じるため嫌われています。

お中元とお歳暮

日頃お世話になっている方々に感謝の気持ちを込めて送る、季節の贈り物。

3.000円~5.000円が目安。

お中元は6月下旬~7月15日位
お歳暮は12月初旬~25日位までに贈ります。

ただし、旧盆の習慣がある地域では、8月初旬~15日位までに贈るのが一般的です。

かけ紙は、のしのついた紅白の蝶結びの水引。
表書きは「御中元」「御歳暮」とし、氏名を書きます。

目上の人へは、現金・金券・ギフト券・商品券等はタブー。
ただし、ビール券や食事券等は、「ビールがお好きとお聞きしましたので・・・」
「今年は銀婚式をお迎えになると・・奥様とご一緒に御食事を楽しんでいただきたくて」
と言葉を添えると素敵な贈り物に!

また、病気がちな人に、鉢植えやシーツなどは「寝つく」と嫌われます。

・本来は持参して日頃のお礼を申し上げるのが原則ですが、配達の場合は送り状を添えましょう。

・贈っていない方から届いた場合は、ふつうお返しの必要はありません。すぐにお礼状を。
どうしてもお返しを、という場合は自然な気持ちで半返し程度贈りましょう。

 

子供がお世話になった方への贈り物は、表書きに親と子供の名前を書くと相手がわかりやすいです。

お世話になった方への贈り物が返送された場合は、ショックですが、相手にも理由があることを理解しましょう。
相手も心苦しく感じつつお断りしているはずです。
悩まずに今後のお付き合いを大切に。
「心なくお贈りして申し訳ございませんでした」とお詫びの手紙を出すのも良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

ごあいさつ

ご閲覧いただきありがとうございます。
当サイトは、女性は40歳代が分かれ道?
美と健康に、セラミド・乳酸菌・冷えとり・絹・足に注目!
他には、手作りコスメやお取り寄せ、ファッション等気になる事を発信しています!
探していた情報がココにあった!と言ってもらえるサイトを目指しています。どうぞ宜しくお願い致します。

このカテゴリの人気記事

カテゴリー

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アーカイブ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Copyright © 美Vita All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor for SOGOBU Theme by Vektor,Inc. technology.