温泉地に行けなくたって、コレがあるよ「ミスト温泉」ミスト温泉

温泉地に足を運んでゆったり癒される。
もちろん、地物をいただき心身ともにリラックス。
癒されますね~

温泉地ではなくても、近場でも温泉は楽しめます。
水着で入れるところもありますよね。
それも楽しいです。
近場なら仕事帰りにも利用することも出来ます。が、
やはり温泉地に足を運ぶ!これにこしたことはありません。

今行くとしたらどこへ行きたいかな~

あ!旅行をおススメしたい訳ではありません。

平安時代末期から続く岩手県のつなぎ温泉?

天然美肌成分が豊富な新潟県の松之山温泉?

小野小町ゆかりの山形県の小野川温泉?

肌表面をやわらかくする群馬県の伊香保温泉?

肌トラブルに悩む女性の味方、栃木県の川治温泉?

日本の名湯百選に選ばれている山梨県の下部温泉?

日本三名泉として知られる岐阜県の下呂温泉?

西日本名湯100選にも選ばれている京都府の奥伊根温泉?

日本三古湯、和歌山県の白浜温泉?

出雲大社近くの島根県の玉造温泉?

世界一のラジウム含有量を誇る、鳥取県の三朝温泉?

竜馬ゆかりの鹿児島県の霧島温泉?

とろみ感のある鹿児島県の屋久島温泉?

他にもたくさん!

すべてをまわりたいほど魅力的な温泉の数々。

贅沢を言えば、日本各地全ての温泉をまわりたい!
そんな気持ちです。

まっ、現実には難しいので、定年後の楽しみにしようかな?
現在は、近場で楽しむことすらできていない私・・・。

でも、これらがもし自宅で楽しめるとしたら?
私は飛び上がって喜びます。

なぜって?それは・・・

気がつくと温泉に行ってたな~って過去は、ストレス解消にもなっていたのか、お肌の調子良い!
私は温泉に行くと、浸かるだけではなく顔に!とすぐ思ってしまい、はしたないと思いつつコッソリ顔にかけていました。するとツルツルになるんですよね。

できればこれを持って帰りたい!そんなことも思っていたことを今思い出しました。
実際に持ち帰った事はありませんが・・・。

で、ここからが肝心!

ここ何年も「温泉でゆっくり」なんてしてない!
そんな暇ない!

恐らく私だけではないと思います。

その理由も様々ですよね。
子育て中か、子育てが終わってひと段落か、バリバリ仕事をされているか、他にも色々・・・まったくもってそれぞれだと思います。
ストレスもたまってたりするので、実際に温泉に行くのが一番かと思いますが、日々の生活に温泉を取り入れることが出来る!

そんなのがあったらいいですよね?
あったら、いいですね~?

それが・・・あるんです!

しかも、お試しさせていただけるというチャンスにも恵まれ、
「できればこれを持って帰りたい!」を現実にすることが出来る!

イヤ、持ち帰らなくていいんです!
現地に足を運ばなくていいんです!

それが冒頭の、温泉地に行けなくたって、コレがあるよ「温泉ミスト」って訳で、
旅行をおススメしているのではないのでした。

あの、温泉に入ってコッソリ顔に温泉の湯をかけて、お肌ツルツル~が、家で!毎日!出来るんです。

ミスト温泉

チャンスに恵まれたものの、自分で選ぶことは出来ません。
肌質だけお伝えして、あとは届いてからのお楽しみ!
モニターにはずれてしまったらもちろん届きませんが・・・。

それが・・・ジャーン!!届いちゃったんです!

ミスト温泉

ホントに、ホントに、「できればこれを持って帰りたい!」が現実になっちゃいました。
有り難い限りです。
モニターに参加できたことも、こんな素敵なショップがあることにも!

ホントは使ってみたい温泉、もしくは実際に入って良かった温泉が良いとは思いますが、
選び方は、肌質!これで選ぶのが良いそうです。
だから、モニター申し込みの際に肌質が必要だったんですね。

で、私のもとへと来てくれたのが、コレ!

大分県の湯布院温泉!「YUFUIN MIST」です。
こちらは、敏感肌向き。
メタケイ酸を多く含んでいるため、お肌への水分補給力が高まるそうです。

ミスト温泉

まずは、手の甲で!
そしてパッティング!
これがメタケイ酸か!「サラッ」を想像していましたが、しっとり感がありました。

ミスト温泉

全部で何種類あるの?ってくらいたくさん載っています。
そうです。「今行くとしたらどこへ行きたいかな~」の温泉は、温泉ミストをピックアップしたものでした!

この温泉ミストは、全国の温泉水を源泉から調達して完全無添加で鮮度そのままにエアゾール缶に充填しているそうです。

使い方は、洗顔後にシューッ。
顔から20~30cmほど離して円を描くようにスプレーして、手のひらやコットンなどでパッティング!

コットンにたっぷり染み込ませて、いつもの化粧水も適量含ませてお肌にあてると、その後の乳液やクリームなどの保湿効果が高まるそうです。

コットンにたっぷり染み込ませるっていうのが、なんだか私にはもったいない気がしてなかなか出来ません。
なので、円を描くように顔にシューっ!そして手のひらでパッティングしています。

その後はいつものスキンケアを使用。

ミスト温泉

ミスト温泉

ミスト温泉

なかなかゆっくり温泉入ってとはいきませんが、こんな素敵な温泉ミストがあったら、現地に行って温泉に入ってコッソリ顔に!もしなくて済みます。
たまには現地にも行きたいですが・・・。
むしろ、この温泉ミストを参考に行き先を決めるっていうのもいいかもな~。

定年後の温泉巡り!実現しようかな、温泉ミスト持参で。

公式サイト>http://www.onsensui.info/

ミスト温泉