健康美容に水素水って本当にいいの?イメージ

水素水が健康や美容に良い!というのは、なんとなく耳にしていました。
でもなんか胡散臭くて、ホントにイイの?なんて、ちょっと疑ってかかっちゃいます。

水素医学研究の第一人者?の方のサイトがありました。
それが、「分子状水素医学シンポジウム」

今までの研究成果により、生体内において水素(H2)の効果が目覚ましいことが判明し、水素は病気の治療、病気の予防、健康増進、美容と幅広い領域に利用されることを確信しています。
私たちは、科学的なきちんとした知見によってはじめて、私たちの生活に貢献できると考えています。
残念なことに「水素」という名を用いた科学的でない商品も販売されており、正統な科学の発展を阻害しています。
私たちは、非科学的商品とは一線を画します。

と太田成男会長のあいさつとして掲載されています。
太田成男会長・・・日本医科大学大学院教授・加齢科学系専攻細胞生物学分野

会長さんのあいさつにもあるように、水素が健康や美容に良いというのは本当のことの様ですが、
だからと言って、「水素」という名のついたものがすべて良いとは限らないということです。

ココ大事ですよね!

残念なことに「水素」という名を用いた科学的でない商品も販売されており、正統な科学の発展を阻害しています。

そうありますね。
これが事実だとしたら、とても残念ですよね。

病は気からではありませんが、水素という名の「思い込み」(プラシーボっていうのかな?)で健康になったりする場合もあるのかもしれませんが、
それってどうなの?それはそれで良いのかもしれないし、それが必要な場合もあるのかもしれませんが・・・。

健康や美容って、なにも悩みを抱えていない人は飛びつかないと思うのです。
悩みを抱えているからこそ、取り入れてみようかな?って思う訳ですし、
藁をもつかむ思いの人もいる訳ですよ。

そんな人の気持ちを、商品を販売される企業さんは、ちゃんと理解し考えてもらいたいと思うのです。
そして、私たち消費者も見る目を持たないと・・・。
いちいち疑ってかかるのも面倒ですが、そうしないとならないのもどうにかならないものでしょうか?

ちなみに、「分子状水素医学シンポジウム」では、

当研究会では、水素水を以下の条件を満たす溶液とします。
消費者が開封したときに分子状水素の溶存濃度が40 μM以上存在している溶液。
40 μMは飽和水素濃度の5%にあたり、80 μg/L(0.08 ppm)を意味します。
水素関連商品についても、これと同等の分子状水素が存在する、または発生するものとします。
現段階における研究結果を根拠に分子状水素が生体において効果を示す最低濃度として定めましたので、研究の進歩により本規定は変える可能性があります。
分子状水素医学シンポジウム>http://www.medi-h2.com/kitei.html

ということです。

そして、週刊文春WEBには「夢のアンチエイジング商品 水素水論争に最終結論!誌上実験でわかった「本物」と「偽物」【全文公開】」として、4ページにわたり「水素水」に関する記事が掲載されていました。

驚異的なアンチエイジング効果で美容業界から医療現場まで大注目の水素水。だが、水素が無色透明・無味無臭であるのをいいことに、本物のフリをして偽物が跋扈。中には、まるで水素が検出されなかった商品も。知られざる真実を浮き彫りにした業界震撼の誌上実験!

そして「分子状水素医学シンポジウム」の太田成男会長の

「私たちの研究会は、マイナス水素イオン、プラズマ水素、活性水素、水素吸蔵サンゴといった“非科学的な水素”とは、まったく異なるものです。ペットボトルに入った水素水にも、水素は入っていません!」

という言葉から始まっています。

週刊文春では昨秋はじめて水素水を取り上げたそうで、

以来、編集部には問い合わせが殺到した。
ほとんどの質問は、「どれを買えばいいのか」というものだったが、
「インチキと言っても差し支えない商品もある」

という「分子状水素医学シンポジウム」の太田成男会長。
そこで、「水素水」「水素サプリメント」について、その水素濃度を計測するなど独自に検証。
「本物」と「偽物」の判定をされています。

週刊文春WEB>>http://shukan.bunshun.jp/articles/-/2469

興味がある人は「週刊文春WEB」でご確認を!

結果的には、9つの「水素水」と「水素サプリメント」を検証し、
その中で濃度が高かったのは・・・

アルミパウチに封入された「水素たっぷりのおいしい水」、「高濃度ナノ水素水スパシア」、「ナノ水素水 KIYORABI(キヨラビ)」の3つ。

これらには太田教授も太鼓判を押すとありました。

水素たっぷりのおいしい水 300ml*20本:メロディアン
by カエレバ
高濃度ナノ水素水スパシア 550ml×20本 送料無料!
by カエレバ
ナノ水素水 KIYORABI(キヨラビ) 6個お試しセット
by カエレバ

ちなみに太田教授の水素濃度計測結果では、

水素たっぷりのおいしい水は、0.94ppm
高濃度ナノ水素水スパシアは、1.06ppm
ナノ水素水 KIYORABI(キヨラビ)は、1.18ppm

また、「水素水5.0」は、この3つには入ってないけど、5.79ppmという結果が載っています。
この商品は医療現場でも使用されているいわば「プロ仕様」のもの。
とありました。

高濃度ナノ水素水スパシアのサイトでは、スパシアの水素含有量は550mlあたり0.7~1.4ppm(1ccのビーカーに700万~1,400万個の水素分子が溶存する意)。

スパシアは電気分解ではなく水素を入れることによってのみ、この数値を得ています。
と掲載されていました。

9つの検証にはありませんでしたが、天然地下水を使用したクリスタル水素水のサイトでは、
充填時は水素含有量1.59ppmを測定。平均でも 1.0~1.2ppmで他社を圧倒する水素水です。
とありました。

そして、

サプリで唯一合格点を叩き出したのは、「水の素」だそうです。
(販売元は、日本機能性医学研究所)
こちらは、太田成男教授と日本機能性医学研究所CMO斎藤医師が共同開発したサプリのようです。

日本機能性医学研究所>>http://www.ifmj.jp/

水素カプセル「水の素」60カプセル(水素サプリ)
by カエレバ

う~ん、さりげなく検証した中に開発したサプリが入っているっていうのもな~・・・。

週刊文春の今回の検証結果に反論する企業もあったようですが、

良いと言われて取り入れても、実感がなかったら
結果的には、消費者は離れますよね。

それを「偽物」と知らずに・・・。
これってどうなんでしょうね。
せっかくの「水素」なのに

人によって合う合わないはあるとは思いますが、

専門的な事は、素人はなかなか判断がつきません。
そこのところ企業の方々、どうぞ宜しくお願い致します。

良いと聞いて取り入れたのに、実感がない!それはもしかしたら「偽物」なのかもしれませんよ。
もちろん、何でもそうですが、続けないと結果は分かりませんが・・・。

youtubeに、太田教授の動画がありました。
>>http://www.youtube.com/watch?v=U0I8Mf9FOvg

飲む場合は、開けたらすぐ飲む!
水素入浴も良いということで、その場合は7分以上入る!

ただ、水素水を飲用するとトイレが近くなるそうです。

結局どの水素水が良いのか?に関しては、販売している会社が水素濃度を測る機械を置いているか?ということでしたが、
一般人が問合わせしたとしても「ある」って言われたらそれを信じるしかないですよぉ・・・。

う~ん、結局実際自分で測るしかないってこと?
面倒です。

これは実際に、試すしかないか!

私が目をつけて、これなら試してみようかなというのが、2つあります!

1つは、
パワー水素イラチュー
2ml×6の使いきりタイプで、水の中にマイナス水素イオンが安定的に溶存しているというもの。
ただ、サイトを閲覧しても、水素含有量が分からない・・・。これはどう考えればいいのか?半信半疑ではありますが、試してみたい気持ちにさせる。



そしてもう1つは、
それこそ前々から胡散臭いな~と思っていたドクター・水素水

これほど胡散臭いのはない!とハッキリ言ってそう思っていました。


それがどうしてかというと、アルミパウチに封入されている水素水って他の飲料水に比べてお高め。
こちらはスティックを気密性の高い容器にお水と一緒に入れるというものですが、3か月水素発生タイプで

・500mlには1本
・1㍑には、2本
・2㍑には、4本
入れて、水道水でも、ミネラルウォーターでもウォーターサーバーの水もOK。

スティックを入れて、8時間後の溶存水素濃度が、

・500mlに1本で、1.13ppm
・1㍑に2本で、1.03ppm
・2㍑に4本で、1.05ppm
とのこと。

スティックを何本入れるかによって濃度も変わるそうですが、
サイトの企業情報を閲覧すると、「ペットボトルの水素水は水素が抜けてしまい、水素が入っていない」に関して、質問が寄せられているようで、

結論から先に言えば、【ドクター・水素水は豊富な水素水をペットボトルで作り上げております】
そもそも、何故ペットボトルの水素水は水素が抜けるのでしょうか?
それは、ペットボトルを作っている分子より、水素の分子のほうが小さいからです。
よって少しずつですが、ペットボトルの分子の隙間から、水素分子が抜けていきます。

それでは何故、ドクター・水素水はペットボトルで作っても水素は抜けないのでしょうか?
答えは、抜けていますが、作り続けているからです。
水素が抜けていく以上に、ペットボトル内にスティック型の水素発生材が水素を水中に発生させ続けておりますので、絶えずペットボトル内に水素を補充をし続けております。
>>http://dr-suisosui.jp/shop/の企業情報でご確認下さい。

これが、本当だとすると、
500mlに1本で1.13ppm、3か月使用できて、お手入れ不要タイプもある。

と考えると、お得かな?
しかも開けた瞬間から抜けるものとは違って、作り続ける・・・。
ホントだとしたら惹かれる。

てな訳で、私が試してもいいかな?と思った2つでした。
ちなみに、ドクター・水素水には、保湿成分として今注目のスイゼンジノリ多糖体(サクラン)入りの化粧水もあるようです。
使い方は、これだけでも良いようですが、水素水も一緒にというなら、専用アイテムがあるようです。

ただ、水素水ではなく、スイゼンジノリ多糖体(サクラン)だけを目的とするのであれば、メーカー違いますが、咲水スキンケアジェルの方が、お試しするにはお求めやすい価格かなと思います。ビタミンC誘導体も配合されていますし。

という訳で、上記の2つは試してみたいと考えています。
その時は記事掲載しますので、やっぱり胡散臭い!と思ったら、それまで気長にお待ちいただけると嬉しいです。

太田成男会長監修の書籍

おおたふみあき 産学社 2013-01-21
売り上げランキング : 2203

by ヨメレバ

太田成男会長の書籍は2013年11月25日発売予定です。
水素水とサビない身体: 悪玉活性酸素は消せるのか

太田 成男 小学館 2013-11-25
売り上げランキング : 208642

by ヨメレバ

週刊文春WEB>>http://shukan.bunshun.jp/articles/-/2469
「夢のアンチエイジング商品 水素水論争に最終結論!誌上実験でわかった「本物」と「偽物」【全文公開】」の検証結果に対して、反論する企業のサイトに抗議文がありました。

「週刊文春」(2月28日号)の間違った記事内容への抗議>>http://ppm21.com/statement.html

こちらを観たら、応援したい気持ちになってしまいました。

個人的に、経過を見守りたいと思います。