誰でも年はとりますイメージ

それを受け入れないと!
と自分に言う。

私はものすごく視力が良かった。
視力検査で1.5は当たり前、
あまり見え過ぎてもね~と、2.0も見えたのに1.5と記入されたこともありました。

車の助手席に乗っていても、さすが野生の目と言われるほど先の先まで見える。
いや、見えていました。

で、最近は老眼です。

小さい頃はメガネへの憧れがあり、
メガネをかけている子のをかけさせてもらったり、

メガネ=頭イイ
と、勝手に憧れて。

10代の時は、伊達眼鏡(だてめがね)をかけたり。

で、今は老眼。

かなり抵抗しましたが、視力の良い人ほど早いとは聞いていましたが
ホントに文字が読めない。
頑張ってみるけど、疲れる。

なので、老眼をかける。

これがスゴイ。
良く見える。

伊達眼鏡(だてめがね)はかけていたのに、
老眼は抵抗って、どんだけ認めたくなかったのか。

使ってみると楽だった。

抵抗したって、
見ないふりしたって、
誰でも年はとる。

体力だって、肌だって
若い頃とは違う

いつまでもキレイな人はいるけれど、
だから頑張ればって、勘違いしちゃうけど

若づくりではなく、
毎日が充実していたら、結構イイ感じなのかもしれません。

ちなみに娘に言わすと、
同年代の人同士が若いだ何だと言っているだけで、
私たち世代から言わせてもらうと、年分かるし~
むしろ、頑張ってる感が伝わるし~

だって!いたたたたーーー