ダメなあいつを、なんとかしたい!を読みましたダメなあいつを、なんとかしたい

ある日、心屋さんのブログにこんな記事がありました。
自分には関係ない本>http://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-11595681134.html

で、何々?と読んでみると・・・おっと!これは私の事だ!!と。

手元にあるのにまさしく「自分には関係ない」と思っていました。
この書籍はいただいたものです。(私、Beトレ DVD会員です)

だって、恋愛の本だと思っていたから・・・
正直帯を読んで、娘にあげようかな~なんて思っていました。
恋愛に悩んでいる訳ではないと思うけど、お年頃だから!そんな理由。

だけどその前に、
古村比呂さんにこの本をプレゼントしたら、「いつ何処で、私を見ていたの?と驚きました」という感想をいただいたという記事を読んで、
http://ameblo.jp/kokoro-ya/entry-11592995830.html
それなら、娘にあげる前に読んでみよう!(時間がある時に)
なんて思っていたんです。この時点でもこの位の気持ち・・・。
いただいたのに、こんな調子で。

解決ナイナイアンサーでの古村比呂さんのお話、私観てました。
本当は、華原朋美さん(ともちゃん)を勝手にかげながら応援しているので観ていたのですが・・・。

古村比呂さんの話されていることが、「あ~分かる~」というのが多くて、
で、それなら・・・って思っていた訳ですが・・・。

そしたら、この記事!「自分には関係ない本」

おっと!
見透かされているかのようでビックリ!
で、背中を押された?感じで読んでみました。

まず、今までとはちょっと違う構成?

登場人物がいます。
主人公としてひとりの女性が登場!
小説?の様で、読みやすくて分かりやすくて、あっという間に読み終えました。

書籍名や帯を読んで、心屋さんの本が初!という女性は衝撃?かもしれません。
イヤ、薄々感じていたことが確信となる場合もあるかもしれません。

私はというと、主人公が、心屋さんを知る前の私。
ただ、新しい発見もありました。
男女の関係として分かりやすく読めるからこその発見かな?
ただ単に理解力なさすぎ?

この本には、主人公のお母さんも登場します。

家族もそうだし仕事もそうだし・・・
主人公が、まさしく少し前の私。
今も実践中なので、現在進行中というのかな?

「ダメなあいつを、なんとかしたい!」
この本を読んだ時には、お~!これは私だ!
ってちょっと懐かしくもあり、あ、そ~だ!って再確認することもあり。

そして、新しい発見というのが、子供。
「ダメなあいつ・・・」って、私は自分の子供の事をそう思っているふしがあります。
本を読んでいて、自分の子供に当てはめていることに気づきました。

娘は、言いたいこと言って、やりたいことやって
その時その時自分の気持ちを、喜怒哀楽をそのまま表現します。
もう、羨ましい位!
私の知らない所で、あっちぶつかりこっちぶつかり友達の助言をうけたりして今があるのかもしれませんが。

ハラハラするんです。
そしてまんまと「ダメなあいつ」に私が私の中でそう仕立てていたことに気づきました。
あ~そうだったのか~。
まだまだ、実践!実践!!なのでした。

最後に、

本の中で、こんな言葉がありました。

「無理しなくていいんだよ。つらければ、助けを求めればいいんだよ。
なんでも完璧にしないでいいんだよ。オレ、もともと家事はキライじゃないんだから。
お互いができることを、そのときにしたらいいんだ」

こういう言葉、未だにグッときて、ポロっときます。

心屋さんの書籍って、内容というのか根本は同じなのに、その本その本
再確認出来たり、新しい発見があったり、色んな事に気づくのでした。

心屋 仁之助 廣済堂出版 2013-07-12
売り上げランキング : 8582

by ヨメレバ