覚悟をすると・・・イメージ

なんとな~く、嫌な予感がする時。

今までは、
なんだかイヤな予感がするな~、
で、そのイヤな予感が当たってしまって、
うわ!当たっちゃった・・・。
あ~あ。で終わるか、
予感って当たるんだよね~、ね~、気をつけようね~、で終わる。

それが、「覚悟する」を知ってからは、

なんとな~く、嫌な予感がする。
まぁいっか!予感が当たってもいっか!
って切り替えると、何も起こらない。

覚悟したのに起こらない。
覚悟したんだから起きてもいいのに、起こらない。

なんで?

むしろ起きてよ!
これでは予感が外れてばかり!

って、今まで予感が当たってばかりいた私は、逆ギレ!
は、しませんが、
ちょっとだけそんなことを思ったりもします。

これは何なんでしょうね。
なんてことを書きながら思い出した事があります。

友人の話ですが、

30代後半だった友人は、モテない訳ではない。
むしろモテるほう。

なのになぜか恋愛がうまい事いかない。
今度こそは結婚か?なんて私たち周りは話していましたが、破局。

これにはさすがに、周りの私たちも辛かった。

が、その後この友人は

「一人で生きていく覚悟をした」と言って
これからの人生を二人ではなく、一人という選択をしました。
これから一人の生活の準備も着々と・・・。

覚悟するにはまだ早いのでは?と内心思いましたが。

ところが!
その1年もしないうちに、結婚が決まったのでした。

こんなことってあるんですね。
なにより本人が一番ビックリしたようです。

「一人で生きていく覚悟をしたのに」って。

何でも言い合える関係。
友人の理想がこれでした。

いっつも周りに気を遣い、いっつも笑っていて
そんな友人が、彼には言いたいこと言って、怒って、笑って
また彼も、言いたいこと言って、怒って、笑って
当時はまったく分からなかったけど、
「覚悟する」って、ましてや人生の選択?をするって、並大抵では出来ない。
しかもこの友人は、自分の両親にもその事を伝え、親不幸な娘ですみませんとまで言ったそうです。
花嫁姿はあきらめて下さいって。

こんなことってあるんですね。

挙式当日は、私たちはもちろんですが、なによりご両親がホントに嬉しそうでした。
覚悟するって、覚悟したふりではきっとダメなんだろうな~
本気で覚悟しないと。
私の覚悟はちっちゃいことばかりだけど・・・。


音学.com