梅干が美味しかった件招福の梅

昨年の暮れに用意したプチギフト!
お年賀として今年の初めにお渡ししたものです。
2014年のお年賀やプチギフトとしてご参考までに!

結構大粒で大満足!
お年賀とありますが、ちょっとかわいいので気になっていました。

箱には、「お年賀」ではなく「招福」とあります。
「化粧箱入プチギフトに」とあるので、お年賀限定でなくても良さそうです。

招福の梅

とはいえ、ヘビなので今年のプチギフトって感じかな。
来年は馬が登場するかな?

2013年は巳年ですから。

ちなみに、「巳」は、家の守り神や大地の主、そして「お金を運んでくる」と言われているそうです。

やはりお年賀での利用がいいかな。
新年にふさわしくて尚且つ「招福」のプチギフト!

来年の「馬」!
何だか楽しみになっちゃいます。
中身は同じだと思いますが、この梅干自体予想以上に美味しかったので!
「馬年」の説明も見たい!

まず箱を開けると、飛び込んできたのが「はじめまして!白龍梅本舗です」

パンフを拝見すると、お祝いにピッタリのお重入りの梅干しや、ブライダル用のプチギフトや引き出物にピッタリの梅干もありました。

招福の梅

招福の梅

招福の梅は、1つずつ包装してあり「巳」のシール。
中を開けると、梅干が8個、もちろん1つずつ包まれています。
「巳」の説明もありました。

招福の梅

そしてしっかり宣伝用のプチパンフも。
個人的にはこれは正直省いてもらいたいかな・・・
プチギフトに利用する時には、やはり「いつもお世話になっています」や「ありがとう」などが希望。

招福の梅

招福の梅

招福の梅

ちなみにお年賀をお渡しする時期は・・・
正式には正月三が日(1月1日~3日)の間に行う年始挨拶の手土産として直接持参するのが礼儀ですが、
三が日の間に都合が付かない場合であっても、松の内(一般的には1月1日~6日。7日・10日・15日までなどとする地方もある)までの間に訪問するのが習わしとなっています。
双方の都合により、松の内の間を過ぎて訪問することになった場合は、表書きを「寒中見舞い」として持参します。

紀州みなべがわ うめぼし元気村

【紀州特選南高梅】健か梅(すこやかうめ)特大はちみつ梅・高級和紙包み12包
by カエレバ