浅草シルクプリンです浅草シルクプリン

浅草・雷門近くにある、プリン専門店「浅草シルクプリン」のプリンです。

浅草というと、人形焼や雷おこし、草だんご、もんじゃ、天丼、どじょう鍋、うなぎの蒲焼、東京スカイツリー関連・・・。
と、スイーツ・グルメ・お土産まで、選び放題ですが、プリンをお土産に!というのもいいですね~。

私はプリン好きです。

プリンもなめらかなものから昔ながらのもの、たくさんありますよね。
この「浅草シルクプリン」は、その名の通り、シルクの食感にこだわったプリンということです。

ちなみに、オンラインショップを利用すると冷凍されて届くのかな?
冷凍だと日持ちしますね。

お店で購入すると、賞味期限が購入日の翌日となっています。

まず、化粧箱が赤と黒で斬新です。
プリンは瓶に入っています。帽子をかぶっているような姿は、昔の牛乳を思い出します。

浅草シルクプリン

一口食べると玉子の濃厚さを感じ、食べすすめるとバニラの味に!

凍ったままでも、トーストにのせても楽しめるとありましたが、
凍ったままだと、濃厚バニラアイスを味わえるのだろうな~と想像できる美味しさです。

浅草シルクプリン

一時「プリンパン」にはまった時期がありまして、毎日食べても飽きなかった事を思い出し、トーストにのせても・・・にうなずけます。

濃厚な理由は、新鮮な素材だけを使用されているからですね。
うまみの強い牛乳と、卵は毎朝届く茨城の奥久慈卵、生クリームは北海道産を使用されているそうです。

この「浅草シルクプリン」は、テスタロッサカフェがレストラン営業をしていた頃に「お店の看板商品を作ろう」
という事からオリジナルプリン作りが始まり、シルクの食感を出すために、大変なご苦労があったようですよ。

そして、
素材・容器にこだわって、設備も最新に、もっと沢山のシルクプリンを考案、
絶対に浅草に出店して商品に「浅草」という名前をつけよう!

これがすべて実現したプリンなんですね。
シルクプリンは、他にも、黒ごまプリン、生キャラメル、抹茶プリン、苺プリン、チーズプリン、ロイヤルミルクティ、コーヒープリンがあり、通常のシルクプリンより、バニラビーンズを2倍使用、また卵黄のみを使用して、更にクリーミーな口どけの「プレミアムシルクプリン」(1個 500円)もありました。

販売元:テスタロッサカフェ 浅草シルクプリン
WEBサイト>http://silkpurin.com/