人は一度は叩かれるimage

この言葉を思い出すと、気が楽になります。

「人は一度は叩かれる」
これを漢字1文字にすると「命」となります。

斎藤一人さんの言葉です。
正確にはお弟子さんの書籍の中から見つけた言葉です。

どんな内容かというと、
『「弱いふり」をやめると人生がガラリと変わります』
の中に登場します。

私は一度どころではない気がします。
なので、何度この言葉を思い出した事か・・・。
何の自慢にもなりませんが。

イコール成長していないってことになるのでしょうか?
分かりませんが、この言葉を思い出すと気が楽になるのでした。

書籍自体の内容は、
著者であるお弟子さんが、親同士の関係で、
自分自身が仲間はずれにされたり、
無視されたり、色んな事を言われて悩んでいる事を
斎藤一人さんに相談したら・・・

それは、弱いふりをしているからだよ。
意見をしっかりと言わないで、向こうのいいなりになっているからそうなる。
しっかりと、自分の意見を言えばいいんだよ。

「命」という漢字は、
「人」は「一」度は「叩」かれると書く。
だから、生きているうちは、一度は叩かれるもんだと思っておかなきゃいけない。

この先にも続きますが、
そう言われたそうです。

「弱いふりをしているからだよ」って言葉と、
「生きているうちは、一度は叩かれるもんだと思っておかなきゃいけない」
この言葉が好きです。

向こうのいいなりにならずに、自分の意見をいったとしても
叩かれる時は叩かれると思います。

仲間はずれにされたり、無視されたり、色んな事を言われたりすると思います。
そうかもしれないし、そうではないかもしれない。

自分の意見を言った!でも叩かれた・・・。
やっぱり自分の意見は言っちゃいけないんだ・・・。

そういうことではなく、言われた事に悩むのではなく、

人をいじめたり
仲間はずれにしたり、無視したり、色んな事を言ったり

そういうことを自分はしない!
そう決意する。
人を変える事はできないけど、自分が変わる事はできる。

ということですよね。

「弱いふりをしているからだよ」
「生きているうちは、一度は叩かれるもんだと思っておかなきゃいけない」

この言葉を思い出すと、気が楽になります。

小俣 和美 三笠書房 2005-08
売り上げランキング : 227158

by ヨメレバ